高級デリヘルの遊び方コラム

  1. 高級デリヘル口コミ
  2. 高級デリヘルの遊び方
  3. まさしくセレブ!バスルームでの優雅なプレイ

まさしくセレブ!バスルームでの優雅なプレイ

風俗の共通パターンは、入室して会計、プレイ前のシャワー、プレイ、退室前のシャワーです。
これ、90分コースだと丁度いい時間配分です。プレイ前と後にちょっとした会話も楽しめますし。
でも、毎回シャワーで洗ってもらい、バスローブに着替えてベットへ直行ってワンパターンじゃないですか?

バスルームを使って優雅に楽しむ

高級デリヘルは120分コースが主流に

高級デリヘルの中でも相場より高めのお店は、最低プレイ時間が90分ではなく120分からとするところが増えつつあります。
コンセプトはお店によって様々で、ホテルにチェックイン前のデート時間やオイルマッサージがあったりなどです。
特に「こうしましょう」というプレイの流れが無いお店は、漠然と「ハイレベルなキャストとの優雅な時間をお過ごしください」とだけHPに記載されています。
なので、焦らしに焦らしてもらってたっぷり気持ちよくなったり、可能な限り回数をこなすのも自由。でも、それなら大衆店でもできませんか?

バスルームが多機能なホテルを利用したい

新しめのシティホテルや老舗の高級ホテルはバスルームが広く、機能も充実しています。ジャグジー付きのホテルも増えてきました。ラブホテルのように防水テレビは設置されていませんが、浴槽だけでなく洗い場も広いのも特徴です。
男性は長湯する人が少ないので「ちょっとリッチな気分になるね」程度にしか思いませんが、女性にとっては嬉しい設備です。
狭い洗い場で体を密着させてシャワーを浴びるのもいいのですが、ここはバスルームを存分に活用しましょう。

マットプレイはできないけれど

高級デリヘル嬢は聞き上手です。お客の意見に「それは違う」と思っても、「そういう考え方もありますよね」と優しく返してくれます。
これが発展して「自分の意見は必ず聞いてもらえる」という錯覚に陥ります。
ここで絶対にしてはいけないのが「なんでデリヘル嬢になろうと思ったの?」だとか「こんなのおかしいよ」と独善的なことを口にすることです。相手にとっては余計なお世話ですし、高級デリヘル嬢の生き方を否定するということは「じゃあ、なんで利用するの?」ということでもあるのですから。

まとめ

いくらゆったりとしたバスルームでも、ソープランドではないのでプレイ用のマットやイスはありません。
ただ、夜景が見渡せるジャグジーなどはシティホテルにしかないものですから、シャワーで軽く体を洗い流したあと、バスルームのなかでいちゃいちゃしたり、プレイをすることも可能です。
バスルームはどうしても足下が滑りやすいのでケガには注意したいところですが、壁に手すりがついていたり、転倒防止の設計のホテルが多いので、そういった設備も活用したいつもと違ったプレイが楽しめます。

ベッドインしてしまうと、ついつい時間を気にしてしまいがちですが、お風呂のリラックス効果もあり、プレイ時間を最大限に利用できますから、たまには趣向を変えてみるのもいいかも知れません。都心の夜景を見下ろしながらのプレイは最高ですよ!

関連記事