高級デリヘルの遊び方コラム

  1. 高級デリヘル口コミ
  2. 高級デリヘルの遊び方
  3. 高級デリヘル中毒者によるそれぞれの拘り

高級デリヘル中毒者によるそれぞれの拘り

消費税増税の影響が予想以上に色濃く、景気が後退した2014年の日本。
中小の小売店や飲食店は便乗値上げの煽りで自らの首を絞め、世帯当たりの消費は冷え込み、賃金も値下げとう負のスパイラルを描いています。
しかし、そんな中、常識的に考えるとあり得ない業界が潤っています。
言うまでもなく風俗業界です。

高級デリヘルの依存性

驚愕の高級デリヘル相場

消費税増税の影響が予想以上に色濃く、景気が後退した2014年の日本。
中小の小売店や飲食店は便乗値上げの煽りで自らの首を絞め、世帯当たりの消費は冷え込み、賃金も値下げとう負のスパイラルを描いています。
しかし、そんな中、常識的に考えるとあり得ない業界が潤っています。
言うまでもなく風俗業界です。

そもそも射精産業は不景気知らずで、「不況だ」と言われ始めた頃には激安ヘルスが流行しました。
ところが、最近潤っているのはそういった庶民的な店ではなく、高級デリヘルだというのです。
一般的なデリヘルで60分1万円ほどですが、射精一回に1万円は大金です。
では、高級デリヘルはいくらぐらいが相場なのかというと、90分4~7万円だというのですから驚くほかありません。
一体、高級デリヘルのリピーターとはどういった人種なのでしょうか?

SUV一台が買えたはずだったのに

某大手通信会社の法人営業部に勤めるYさんはこう語ります。

「お客さんの規模が違いますからね。ストレスもすごいです。まあ、所帯もったら高級デリヘルなんて呼べないですよ」。

大企業に勤務といえども、一度に数万円の出費は高額ということでしょうか。

「いやいや、好きなときに自宅まで呼べないじゃない。まあ、90分で5万円は確かに高いですよね」。

では、利用頻度はどれくらいなのでしょうか?

「ムラムラしたらすぐ呼ぶ。うーん、今年だけでもSUVを新車で一台買えたかな?」。

現在人気のSUVが3百万円だとして、半年で60回、週に2回高級デリヘルを利用している計算です。ちょっと、いや、完全に常軌を逸しています。

「ジャンキーですよ。高級デリヘル中毒者」と、Yさんは別れ際に仰天発言。

手が届きそうで届かないもどかしさがいい

高級でも格安でも、そもそもデリヘルは本番行為が禁じられています。客観的に考えると手や口、素股に数万円も払うのは馬鹿馬鹿しいものです。
その点について高級デリヘル歴が2年になるMさんに聞いてみました。

「男の悲しい性で、本番しないと相手を征服した気にならないですよね。特に生じゃないと。でもね、トップクラスのデリ嬢になるとお○んこより手コキの方が気持ちいい。男でも潮吹くって知ってます?」

名前の通り、ちょっとMっ気がありそうですが、大の大人をここまで夢中にさせるのですから、高級デリヘル恐るべしです。

「あと、そもそも本番って違法なわけですけど、もしも出来たとしても、その嬢とはそこでおしまい。たまにAV女優を派遣してくれるお店がありますけど、その女優さんの作品の何がエロいかって、動く姿やフェラ顔とかなんですよ。それを間近で見られるなら15万円なんて安いです」。

最後に聞き間違えたようなので、再確認してみました。

「15万円。ピンのAV女優が90分15万円なら破格ですよ」。

ここまでハマっている人を見てしまうと、ちょっと利用してみたくもあり、自分もYさんやMさんのようになるのではないかと怖いですね。

関連記事